お知らせ
  • 【クレディセゾン】公共交通機関のタッチ決済ソリューションの提供開始へ

    公共交通機関におけるタッチ決済

    クレディセゾンは、2024年6月20日、公共交通機関向けのタッチ決済事業への参入を発表しました。
    ビザ・ワールドワイド・ジャパン株式会社と共同で、クレジットカードやデビットカード等を使ったタッチ決済で乗り降りできる決済ソリューションの提供を開始します。

    公共交通機関の乗降時に、Visaのタッチ決済に対応したカード(クレジット、デビット、プリペイド)、Visaが設定されたスマートフォンまたはウェアラブルデバイス(手首や腕などに装着するコンピューターデバイス)等を、バスや電車などの専用決済端末にかざすだけで、運賃を支払えるというものです。従来の現金払いよりもスピーディーかつ安全・安心に利用できる点が特長です。
    また、タッチ決済ソリューションを活用することで、海外からの観光客もスムーズに支払いができるようになります。

    2024年夏より、決済事業者であるモバイルクリエイト株式会社、年内よりルミーズ株式会社と路線バス等の公共交通機関において実証実験の開始を予定しています。

    タッチ決済とは

    タッチ決済は、国際標準規格であるEMV(Europay MasterCard Visa)技術に基づいています。この技術により、カード内に格納されたICチップと端末間で安全にデータ通信を行うことができ、高セキュリティな決済を実現しています。近年急速に普及している便利な支払い方法で、クレジットカードやスマートフォンなどを端末にかざすだけで、簡単に支払いが完了できるのが特長です。
    タッチ決済は、様々な場所で利用できます。コンビニエンスストア、ファストフード、スーパー、飲食店、ドラッグストア、百貨店等の店舗だけでなく、公共交通機関への導入も進んでおり、日常生活における利用が拡大しています。

    当組合でも、クレディセゾンのカードを取り扱っており、個人事業主・法人向けのビジネスカードをご案内しております。現金取引のキャッシュレス化や、業務効率の改善に役立つカードとなっていますので、ぜひご検討下さい。
    当組合の取り扱いクレジットカードはこちらから